五十嵐三の町 稚児舞奉納

本日は五十嵐三の町・諏訪宮さまにて神事、太々神楽・稚児舞を奉納いたしました。

Simg_5618


赤塚神社以外で稚児舞を奉納するのは、実に30数年ぶり(正確な年数は不明)。

Simg_5640

(四方を清浄に祓う榊=さかき舞い)

 

稚児舞5舞い全てと恵比寿・大国を納めさせていただきましたが、ひと舞い終わるたびに拍手をいただいたのが嬉しかったですね。

Simg_5670

(大和心を表わす花舞い)


Simg_5697

(恵比寿舞=一日中、釣り糸を垂れていたという恵比寿さま)


Simg_5759

(広末=天岩戸(あまのいわと)が開いたときに鳥たちが喜んだ様子を表わす)



Simg_5782

(子弓遊び=山野を鎮めるための弓舞い)

諏訪宮さまのお祭りの前には、氏子さんたちが供物を持ち、笛太鼓の伴奏で神社前の参道を進む「宮上り」が慣例です。

Simg_5613

(春祭りは満開の桜並木で宮上り)
 

五十嵐三の町、別名・山五十嵐地区に幸多きことをお祈りいたします。

| | コメント (0)

7月25日は弥彦灯籠神事

郷芸も終わって間もない7月25日(水)は、弥彦神社・灯籠神事にて赤塚太々神楽を奉納いたします。

奉納時刻は15:30。
1時間の持ち時間で稚児舞い3舞い、大人の舞い2舞いの計5舞いを奉納。

最後は大国様がお菓子を撒(ま)きますので、どうぞお楽しみに!

2年前の様子。

Simg_2650

| | コメント (0)

郷芸終了!

7月15日(日)新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあの劇場にて行われた郷土芸能公演「郷芸」にて、赤塚太々神楽の稚児舞いを奉納させていただきました。

S37236208_1773921159351029_51426035

子どもたちも大舞台にひるむことなく、役目を終えることができ、良い経験になったと思います。

10日後は弥彦神社・燈籠神事で赤塚太々神楽の奉納です。

| | コメント (0)

烏帽子が届きました!

明治安田クオリテオブライフ文化財団さんの補助金を利用した、太々神楽(だいだいかぐら)の烏帽子(えぼし)が届きました!

Simg_4447

15頭(かしら)は壮観です。

Simg_4453_5

7月15日の りゅーとぴあで開催される郷土芸能公演「郷芸」から使います。

Simg_4452_2

Simg_4449


Simg_4448


郷芸では、写真右の舟型侍烏帽子(ふながた さむらい えぼしを着けて、稚児の「刀舞い」を奉納いたします。

どうぞお楽しみに!

| | コメント (0)

続々と道具の傷みが目立ち

先日、安田生命クオリティオブライフ文化財団さんより助成いただき、製作手配中の「烏帽子(えぼし)」、待ち遠しく、とても楽しみです。

しかし、限界を超えている道具はまだまだあり、今回は稚児(ちご)舞いで使う弓矢の「矢」と「台(やなぐい とも言うそうです)」について。
 
いつごろ造られたものか記録はありません。
 
赤塚太々神楽は明治初期に伝わったとされていますので、少なくともそれ以降ですが、150年も経っているとは思われず。

Simg_3177_3

しかし、矢の羽はかなり抜け落ちています。

Simg_3180_2

よく見ると、台の紙(布?)も地模様があり、作りも とても手の込んだものだとわかります。

Simg_3198_2

金具は真鍮製。

できた当初は豪華で綺麗だったと想像できます。

Simg_3210

さてさて、どうしたものか。
 
まずは対応してくださる業者さん探しから。

| | コメント (0)

明治安田QOL文化財団

平成30年5月16日、

(公財)明治安田クオリティオブライフ文化財団様より、

助成金目録をいただきました。


贈呈式会場は明治安田生命・新潟支社。

Img_2345


(公財)明治安田クオリティオブライフ文化財団

(以下、明治安田QOL財団)とは、

若手のクラシック音楽家や

各地の伝統芸能活動を支援する団体です。


赤塚太々神楽で使う烏帽子(えぼし)の傷みが激しく、

特に稚児を舞う子どもたちから

新しい烏帽子にしてほしいと要望が出ていました。


しかし烏帽子は高価で、

簡単に入れ替えできません。


そんな矢先、新潟市西区地域課より

明治安田QOL財団をご紹介いただき、

新潟市~新潟県の文化庁を経由して、

烏帽子購入費用の一部として申請。


無事審査を通過、助成金贈呈となりました。


決め手は、

・平成に入ったころ途絶えた稚児舞いが平成22年に復活

・地域の交流や活性化の一翼を担っていること

・活動の継続性・発展性

などが評価されたようです。

明治安田QOL財団様ならびに

ご尽力いただいた関係者の皆様に

感謝申し上げます。


早急に烏帽子を発注し、

お披露目するのが楽しみです!

Img_2344

| | コメント (0)

20180506西区だよりに掲載

赤塚太々神楽の稚児舞いが復活して

10年目(丸9年10回目)に入りました。

新潟市の区報・西区だよりにて

ご紹介いただきましたので

お知らせいたします。

S20180507_165948_000076_2

| | コメント (0)

7月15日は りゅーとぴあ劇場!

(平成30年7月15日までトップ固定記事)

春祭りシーズンも ひと段落。

次は7月の郷土芸能公演へ向けて準備です。
新潟市内15団体の郷土芸能をご覧いただけます。

約150年の歴史を誇る赤塚太々神楽も出演します!

日程  7月15日(日)
開場  12:30
開演  13:00 途中休憩あり
閉幕  16:30

入場無料、撮影可
事前申し込み不要

S20180715

ちなみに7月25日(水)は弥彦神社・燈籠神事にて奉納予定です!

出演時間は15:30~16:30。

境内特設舞台にて、5舞いを予定しています!

| | コメント (0)

四ツ郷屋 春季大祭・舞殿落成式




西区四ツ郷屋・諏訪社にて春季大祭、ならびに新造された舞殿と楽舎の落成式でした。




赤塚神社の神官とともに神事伴奏、および赤塚太々神楽を奉納。





普段、稚児舞いは赤塚神社だけですが、強いご要望で稚児舞いも三舞い奉納させていただきました。





四ツ郷屋地区に幸多きことをお祈りいたします。



| | コメント (0)

4/15ありがとうございました

4月15日赤塚神社・春季大祭へお越しいただき、ありがとうございました。

気温が上がらず、肌寒い中での太々神楽・稚児舞いとなりましたが、無事奉納することができました。

Img_0625

社殿内での奉納は、舞い殿よりも近くで見られるため、例年とは違った雰囲気となりました。

Img_0626

子どもたちは慣れない状況で、少々緊張した面持ち。

Img_0624

恵比寿様と観覧者とのやり取りも楽しかったですね。

赤塚地区ならびに、お越しいただきました皆様に、幸多きことをお祈りいたします。

| | コメント (0)

«本日4月15日赤塚神社春季大祭