« リンク集 | トップページ | 中原邸 秋の公開 »

神事について(音源あり)

赤塚神社で主要な神事(お祓い)では、楽人による演奏が執り行われます。

神事の主な流れは

 1.修祓(しゅうばつ):神事に先立って行う清めの儀式

 2.開扉(かいひ):神主が神社本殿の扉を開きます。

     神社によって、予め開いておくこともあります。

 3.献饌(けんせん):神主が神前にお供えを上げます

 4.祝詞奏上(のりと-そうじょう)

 5.玉串奉奠(たまぐし-ほうてん)

 6.閉扉(へいひ)

 

楽曲は以下の通りです。音源(mp3)もアップします。

 1.修祓(しゅうばつ)393kb

 2.開扉(かいひ)486kb=閉扉もほぼ同じです

 3.献饌(けんせん) 256kb

笛は5本調子の六つ穴を使用。

開扉・閉扉では、神主が扉に触れて戸を閉めている間、笛が低音になり、今回の音源では、拍手がその合図になっています。

神社ごとに、拝殿から本殿までの距離が違いますので、曲を繰り返したりして曲の長さを調整します。神主の動きと楽人の連携で調整します。

練習での音源ですので、習っている人間の音も混じっていて聞き苦しい部分もありますが、御容赦のほど。 

|

« リンク集 | トップページ | 中原邸 秋の公開 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。